モグニャンを含めた31社キャットフードからマグネシウム量を比較!

モグニャンを含めた31社キャットフードからマグネシウム量を比較!

  • 愛猫の"尿石"解決にモグニャンを与えても良いのか知りたい
  • モグニャンが低マグネシウムフードに当てはまるのか知りたい

などなど...モグニャンキャットフードとマグネシウムの関連性について知りたい方も多いと思います。

 

ここではまず初めに、モグニャンのマグネシウム含有量がAAFCO基準値(日本のペットフード公正取引協議会)の規定値通りか比較し危険性がないか検証します。

 

更には、猫は年齢別におしっこ関係のトラブルの発症率異なるため、モグニャンがどの年代におすすめなのかをまとめていきます。

 

最後に31種類のキャットフードのマグネシウム含有量を比較し、モグニャンのマグネシウム含有量が適正化比較していきます。

 

モグニャンキャットフードを肝臓疾患の愛猫に与えていいのか?マグネシウムの量は適正なのか?気になる飼い主さんはぜひチェックしてみて下さい。

 

 

モグニャンキャットフードのマグネシウム【目次】

 

 

モグニャンキャットフードのマグネシウムはどのくらい?

初めに結論からお伝えしていきます。モグニャンに含まれるマグネシウムの含有量と日本のペットフード公正取引協議会の規約で定めるられた最低限の含有量(AAFCOの栄養基準)と比較してました。

成分 モグニャンの成分含有量 AAFCOの成猫用基準 AAFCOの幼猫用基準
マグネシウム 0.12% 0.08%以上 0.04%以上
カルシウム 0.62% 1.0%以上 0.6%以上
リン 0.53% 0.8%以上 0.5%以上
ナトリウム 0.30% 0.2%以上 0.2%以上
カリウム 表記なし 0.6%以上 0.6%以上

※リン・ナトリウム・マグネシウム・カルシウムの値はメーカーに確認済、カリウムについては未公表

AAFCOとは

「AAFCO」とは米国飼料検査官協会(Association of American Feed Control Official)の略称です。 AAFCOでは、ペットフードの栄養基準、ラベル表示などに関するガイドラインを設定しており、日本のペットフード公正取引協議会の規約でも、AAFCOの栄養基準を採用しています。キャットフードのAAFCO栄養基準に基づく成分分析一覧表はこちらをチェックしてみてください。

マグネシウムの含有量は0.08%が最適って聞くけど...
いいえ、猫の個体差によって適正値は違います。AAFCOが定めた最低限の必要数値は成猫は0.08%以上子猫は0.04%以上と表記されていますが、この数値に依存しません。つまり猫の「年齢別」「尿pH値」を飼い主さんが責任を持って判断しながら、ケアしてあげる必要があります
モグニャンのマグネシウムの含有量は0.12%だけど問題ない?
結論からお伝えすると問題ありません。しかし、1~6歳までの成長期に発症しやすいマグネシウム由来の尿石ストルバイト持ちの子にはおすすめできませんので獣医に相談ください。

 

モグニャンは低カルシウムなので、7歳からの高齢期、11歳からの老齢期に多いカルシウム由来の尿石ショウ酸カルシウム持ちの子にはおすすめです!

 

注意頂きたいのは、仮に2種類の尿石を持ってる場合は獣医さんの指示に従い、指定されたキャットフードを与えて下さい。

 

 

【年齢別】モグニャンを与えてもOKな猫は?"尿石"解決にはマグネシウムとカルシウムのバランスを調整すること!

成長期(1歳まで) 成長期(1~6歳まで) 高齢期(7歳から) 老齢期(11歳から) 長寿期(15歳から)
発病率(カルシウムによる結石) 低い 普通 高い 高い 高い
発病率(マグネシウムによる結石) 高い 高い 普通 低い 低い
モグニャンのおすすめ度
ライフステージ別にマグネシウムとカルシウムの摂取量をコントロールする!
猫の健康維持には、ライフステージ別にマグネシウムとカルシウムの摂取量をコントロールする必要があります。モグニャンのマグネシウムとカルシウムの含有量から、年齢別におすすめ度を上記表で掲載したものです。
子ねこ~成猫期には低マグネシウムフードがおすすめ!
子ねこ~成猫期には低マグネシウムフードを、高齢期には低マグネシウム&カルシウムの含有量に配慮しているフードを選んで下さいねっ!あくまで年齢別で表記したものになりますので、モグニャンを与えるかの参考適度にして下さい。

 

 

【モグニャンって高たんぱく&低マグネシウム?】31社の無添加キャットフードと徹底比較!

メーカー名

たんぱく質の量

ミネラル分

(カルシウム・マグネシウム)

モグニャン

30%

0.62%・0.12%

カナガン

37%

1.58%・0.09%

シンプリー

37%

1.89%・0.13%

ジャガー

40%

1.7%・175㎎/㎏

ファインペッツ

32%以上

1.1%以下・0.07%以上

ロイヤルカナン

32%以上

1%・0.07%

サイエンスダイエット

29%以上

0.65%以上・記載無し

ピュリナワン

40%以上

1%・0.09%

アイムス

32%以上

記載無し・0.12%以下

シーバ

30%以上

記載無し・記載無し

ナチュラルチョイス

33%以上

0.9%以上・0.1%以下

銀のスプーン

30%以上

0.9%・0.08%

ねこ元気

29%

1%・0.09%

カルカン

28%以上

0.9%・0.09%

ファーストチョイス

30%以上

1.1%・0.1%

オリジン

42%以上

1.4%以上・0.09%以上

アズミラ

30%以上

1.1%以上・0.08%以上

アニモンダ

32%

1.2%・0.08%

ソリッドゴールド

34%

記載無し

ドクターズダイエット

31%以下

0.96g・0.083g

キャラットミックス

23.4%以下

0.7%以上・0.12%

モンプチ

32%以上

記載無し

メディファス

28%以上

0.6%以上・0.08%

アミ(Ami)

33.2%

0.96%・記載無し

ロータス

35%以上

1.61%・0.13%

ユーカヌバ

34%以上

記載無し・0.1%以下

ザナベレ

31%

1.15%・0.07%

ヤラー

32%

14.5%

アーテミス

30%

1%・0.09%

いなば

28%以上

1.0%以上・不明

カークランド

30%以上

不明・0.1%以下

上記表から分かる通り、他社キャットフードと比較してもモグニャンの塩分量(ミネラル分)は正常値と言うことが分かりました。

 

たんぱく質の量を比較表に表記したのは、たんぱく質の量が多い&ミネラル分が低いキャットフードが尿路結石改善の最適化に役立つからです。

 

他社比較するとモグニャンは平均値で、最も数値がよかったのは「オリジン」「カナガン」キャットフードの2種類がおすすめという結果になりました!

 

 

【まとめ】モグニャンキャットフードのマグネシウム

いかがだったでしょうか?ここではモグニャンがどの年代におすすめでるのか?マグネシウムやカルシウムの量でまとめたり、31種類のキャットフードからマグネシウム含有量を比較してみました。

 

マグネシウム由来の尿石ストルバイトは多くの猫が発症しているおしっこのトラブルですが、予防と早期発見が重要です。、異変を感じたら自己判断はせず、獣医に見てもらうことをおすすめします!

ここでご紹介した「モグニャン」「カナガン」「オリジン」」は肝臓サポート専用のキャットフードではありませんので、獣医から指定されているキャットフードがあればそちらを与えるようにして下さい。

 

 

【危険?】モグニャンキャットフードを愛猫に試したperfumeの口コミ!