【子猫・成猫・シニア猫別】モグニャンの正しい給餌量が一目で分かる!

【子猫・成猫・シニア猫別】モグニャンの正しい給餌量が一目で分かる!

モグニャンキャットフードを与える量・給餌量(きゅうじりょう)はれくらいが適正なのか気になる飼い主さんも多いと思います。ここでは個体差を考慮した正しい給餌量の計算方法やを子猫・成猫・シニア猫別に分けてご紹介していきます。

 

 

モグニャンキャットフード 給餌量【目次】

 

 

成猫(1~6歳)に与えるモグニャンキャットフードの量と計算方法

まず初めに成猫(1~6歳)に与えるモグニャンの計算方法をお伝えしていきます。

 

  • ステップ1)成猫の体重(㎏)×「75~85」=一日に必要なcal量
  • ステップ2)一日に必要なcal量÷モグニャンのカロリー(374kcal/100g)=モグニャンをを1日に与える量(g)

 

ステップ1)一日に必要なcal量を計算は「75~85」を欠ける!

BCS 判断基準
75 完全な家猫で家の中でもあまり動かない大人しい子
80 外には出ないけど家の中で沢山遊ぶ子
85 外に出て散歩をしたり家の中でも走り回る活動的な子

成猫(1~6歳)の場合、成猫の体重に対して「75~85」の数字をかけて一日に必要なcal量を計算していきます。3㎏の子、5kgの子に必要な一日のcal量を例に上げていきます。

 

例1:体重3㎏の子の場合
3㎏×80=240cal(一日に必要なcal量)

 

例2:体重5㎏で外にも出る子の場合
5㎏×85=425cal(一日に必要なcal量)

 

 

ステップ2)モグニャンをを1日に与える量は「一日に必要なcal量÷モグニャンのカロリー」で割る!

成猫の体重(㎏) 一日に必要なcal量 モグニャンを1日に与える量(g)
3 225~240~255 58~62~65
4 300~320~340 77~82~87
5 375~400~425 96~103~109
6 450~480~510 115~123~131
7 525~560~595 135~144~153

※1日に与える量は左から「75・80・85」で計算しています。

 

成猫の場合は、1日のおご飯の回数は1~2回でOKです。

 

だらだら食べる子あ1回、1回の食事でお皿を片付けるのであれば2回で上記表の量を朝・晩あたえることをおすすめします。

 

 

子猫(2ヵ月~1歳)に与えるモグニャンキャットフードの量と計算方法

次にに子猫(2ヵ月~1歳)に与えるモグニャンの計算方法をお伝えしていきます。

 

ステップ1)子猫の体重(㎏)×100~200=一日に必要なcal量
ステップ2)一日に必要なcal量÷モグニャンのカロリー(374kcal/100g)=子猫にモグニャンを与える1日の量(g)

 

ステップ1)一日に必要なcal量を計算は「100~200」を欠ける!

判断基準
生後2~4ヵ月 200
生後4~6カ月 150
生後6~8ヵ月 100

子猫(2ヵ月~1歳)の場合、個体別の体重に対して「100~200」の数字をかけて一日に必要なcal量を計算していきます。仮に1.5㎏の子、2.4kgの子描に必要な一日のcal量を例に上げていきます。

 

例1:生後3か月で体重1.5㎏の子猫の場合
1.5㎏×200=300㎉(一日に必要なcal量)

 

例2:生後5ヵ月で体重2.8㎏の子猫の場合
2.5㎏×150=420㎉(一日に必要なcal量)

 

 

ステップ2)子猫にモグニャンを与える1日の量は「一日に必要なcal量÷モグニャンのカロリー」で割る!

月齢 成猫の体重(㎏) 一日に必要なcal量 モグニャンを1日に与える量(g)
3ヶ月 1.5 300 77
4ヶ月 1.8 360 92
5ヶ月 2.5 375 96
7ヶ月 3 300 77
8ヶ月 3.5 350 90

子猫の場合は、胃やカラダが小さいため、1日に餌を与える回数は月齢別で異なりますので以下を参考にして下さい。

  • 2~4か月は、5~6回
  • 4~6カ月は、3~4回
  • 6カ月以降は、2~3回

 

 

老猫(7歳以上のシニア猫)に与えるモグニャンキャットフードの量と計算方法

最後に、老猫(7歳以上のシニア猫)に与えるモグニャンの計算方法をお伝えしていきます。

  • ステップ1)老猫の体重(㎏)×100~200=一日に必要なcal量
  • ステップ2)一日に必要なcal量÷モグニャンのカロリー(374kcal/100g)=老描にモグニャンを与える1日の量(g)

 

ステップ1)一日に必要なcal量を計算は「60」を基本にを欠ける!

老猫(7歳以上のシニア猫)の場合、個体別の体重に対して「60」の数字をかけて一日に必要なcal量を計算していきます。

 

しかし、6歳に食べていた量から急に「60」の数値に合わせて量を減らす必要はありません。老描は7歳を境に代謝や運動量が落ち体重が増える傾向に陥りやすいです。

 

よって「太ってきたな」と感じない限り元の量から徐々に減らすイメージで調整すればよいでしょう。次に4.5㎏の子、3.8kgのシニア描に必要な一日のcal量を例に上げていきます。

 

例1:体重4.5㎏のシニア猫の場合
4.5㎏×80=360㎉(一日に必要なcal量)

 

例2:体重3.8㎏のシニア猫の場合
3.8㎏×80=304㎉(一日に必要なcal量)

 

 

ステップ2)老猫(7歳以上のシニア猫)にモグニャンを与える1日の量は「一日に必要なcal量÷モグニャンのカロリー」で割る!

老猫の体重(㎏) 一日に必要なcal量 モグニャンを1日に与える量(g)
3 180 46
4 240 62
5 300 92
6 360 92
7 420 108

老猫の場合は、食が細くなり一度に食べる量が減ってくるケースがあります。「完食しなくなった」と言う事が増えてきたら1日3~4回に食事を増やしてあげることをおすすめします。